歴史からたどる鉄道の世界
歴史からたどる鉄道の世界

電車は産業革命で大きく変化した

世界の鉄道の歴史は、産業革命を境に大きく変化します。実は、鉄道の歴史そのものに関しては数多くの諸説が存在するため、どの説が正解なのかが未だにわかっていない傾向があります。

ただ、商業ベースとして世界で初めて蒸気機関車という大型の電車を開発したのはイギリスの産業革命時代です。当時、蒸気機関の技術が改良されて様々な分野に活かすことができるようになった時代です。蒸気機関を利用して一定以上の速度を出したり必要なブレーキを開発するために、車輪や車軸のシステムもこの時代に考えられます。この時代で行われた鉄道の安全性に関連するシステムの構築や試験的な実験の数々は後年で非常に役に立ったため、実はこの時代に鉄道の下地が固められたと言っても過言ではありません。

この時代は、機械的な分野だけではなく生産面での革命も大きく、多方面で原材料などを運ぶために大型の列車鵜の登場が待たれたのです。そのため、それを開発するための資金援助も多く、新しい輸送システムの開発のために国全体が動いていた時代でした。最初は蒸気機関を利用したものではなく、馬の牽引によって開通した原始的な鉄道もあったのですが、産業革命の偉大な発明によって現在の大型の列車型の電車が登場したわけです。

動かして楽しむ鉄道模型