歴史からたどる鉄道の世界
歴史からたどる鉄道の世界

鉄道ファンにおすすめ!一眼レフカメラの選び方

カメラマン640

鉄道ファンの中でも初心者におすすめの一眼レフカメラは、まず操作が簡単なものが良いです。複雑だといろいろと操作をしている間に、シャッターチャンスを逃してしまう恐れがあるからです。できればボタン一つで一眼レフカメラが被写体を認識し、自動で最適な設定で撮影してくれるような機種を選びましょう。また指でタッチして操作するタイプのものもおすすめで、スマートフォンに慣れている人なら扱いやすいです。加えて写真やイラストのガイドがついていると、いちいち文字を読まなくても直感的に操作できて便利です。

走る電車

また大きさにも注目しておきたいところです。一眼レフカメラというのは、デジタルカメラやスマートフォンに比べると大きなものが多いです。しかし良い撮影場所を探すためには、あちこちを歩き回らなくてはいけないことがあるのです。そこでできるだけ重量の軽いものを購入するようにしておきましょう。可能であれば本体は五百グラムほどで、レンズと合わせても一キロ以下の一眼レフカメラが理想的です。

それから手振れ補正の機能がある一眼レフカメラがあると良いです。鉄道の撮影をする際に、場所によっては三脚を使えないことがあります。すると一眼レフカメラを手に持って撮影することになるのですが、手や体の揺れが伝わり、仕上がりの写真が不鮮明になります。それを防ぐのが手振れ補正という機能で、予算に余裕があるなら中長距離の動く被写体に対応したものが使いやすいと言われています。それからデジタル一眼レフカメラの場合、イメージセンサーがあり、これが大きいと暗い場所でも鮮明な画像で撮影が可能です。夜間に撮影するなら、イメージセンサーはできるだけ大きいものを選ぶと失敗は少ないです。